肩こりについて

肩こりについて

頭部から肩・背中にかけての硬くなった感じ、

重だるい、張り感、痛みなど感じ方は個人差があります。

 

肩こりの原因   

1.姿勢によるもの・・・デスクワークの方は実感する機会が

多いかと思いますが、長時間同じ姿勢でいるので

特定の筋肉が収縮し続け姿勢を支える筋肉の働きが

低下してしまい、頭部や腕を支える頚部の筋肉に

負担が生じます。

また、筋肉の血行不良も続いてしまうことになります。

 

2、精神的な緊張・・・精神的なストレスにより、

体を緊張させる神経の働きが優位になり、

首・肩周辺や背中上部の筋肉が硬くなってしまうことがあります。

 

3、目の疲労によるもの・・・目を動かすということではなく、

繰り返しピントを合わせなくてはならない

細かい作業が続いた場合、焦点を調節する

筋肉が酷使され、その機能が低下する。

目からの不快感から肩こりを起こす筋肉が

緊張するように作用することがあり、

肩こりや首筋の張りを生じるケースがある。

 

4、手・腕の疲労によるもの・・・肩こりの人は

頭部・頚部・肩など含めて、アンバランスになり

筋肉の機能低下が起きている場合が多いのですが、

それは、不良姿勢に繋がり、さらに、キー操作・

マウス操作で使う手・指の動作に負担をかける

ことがあります。

手・腕の筋肉が疲労しやすくなりますが、

その2次的な影響によっても、肩こり状態から

脱しにくくなる可能性があります。

 

5、冷えなどの温度に関するもの・・・寒い場所にずっといている場合、

体には自然と力が入り、毛細血管を収縮させ、

体温を逃がせないように反応します。

冷たい風が肩周辺に直撃しているといった場合は、

自律神経系が乱れてしまい、肩こり悪化に、要注意です。

 

解消

筋肉が硬くなり、こりが生じると、血行が悪くなるのですが、そうなると筋肉への必要な酸素や栄養が運ばれなくなり酸欠状態に陥ります。これが肩こりの慢性化させるきっかけになるのですが、予防解決するために、筋肉を動かす必要があります。筋肉のもつ収縮・弛緩の動きが促します。すると筋肉の血行も促進され、過度に緊張した筋肉が柔らかくなっていき、こりが楽になります。


 

 

対象法

森本整骨院では、まず、患者様の状態を聞き、院長が体のバランスの検査をし、どこが悪いか、何が原因でそういう症状になったのか伝え、施術を始めます。

院長の手技+最新機械(症状によっては、使わない場合もあります。)で、その部分にアプローチしていきます。

その後はストレッチ方法・注意点などをお話します。

気になる事はなんでも聞いて下さい!!

個人差はありますが、2〜3回通って治った人もいます。