スポーツ障害について

スポーツ選手にとってとっても大きな悩みの種と言えます。

もともとスポーツによる運動器の外傷とスポーツを続ける事で起きる身体の障害の総称です。

 

原因

スポーツ外傷:1回の強い力で起きるケガ

運動中に人とぶつかったり、勢いよく転んだりした場合の強い外力によって起きるケガです。

体に働く力が大きく、けがの重症度も高くなりがちです。

けがの原因の背後に身体的問題がないことから、けがの治療が確実に得られ、後遺障害が少なく、筋力や可動域の回復十分に得られれば、競技復帰も可能となる事が多い外傷です。

例:捻挫・肉離れ・骨折・腱断裂・脱臼 等

 

スポーツ障害:使いすぎで起きる慢性の障害

運動によって過度の負担が繰り返される事によって、蓄積され、負担のかかっている部分が徐々に損傷し、痛みを主症状とした慢性状態に移行したものを言います。

軽度の場合は運動時、痛みのみですが、重傷になると日常生活動作にも困難を生じるようになります。

例:腰痛・疲労骨折・投球肩・テニス肘・ジャンパー膝、シンスプリント など

 

予防

〇基礎トレーニングを十分に行う

〇ルールを守り、反則や粗暴な行為を慎むこと

〇緊張して行う

〇自分の能力を知り、それに応じて行う

〇規則正しい生活・十分な睡眠・バランスのとれた食事を心掛ける

〇無理な練習計画を立てない

〇用具・設備・環境・天候などを配慮する

〇プロテクター・テーピング・サポーターなど適切に使用する

ホワイトテーピング写真2.JPG

 

 

 

対象法プロレスラーのトレーナーをしていた経験から、スポーツ選手のトレーニング指導も行っています。森本整骨院では現在多数のスポーツ関係の方が通院中!!手技+最新機械(症状によっては、使用しない場合あります。)や、テーピング(キネシオ)など使用し、治療していきます。